組合が認めた最上級品、特選真珠認定品

 特選真珠とは真珠のプロ集団である当組合が目視によって行う品質検査によって、選び抜かれた真珠に与えられ、最上級の証となる称号です。
 近年の真珠市場では、真珠産業内で古くから使用されている「花珠」という言葉を、異なる意味に解釈され冠した商品が見られており、【花珠真珠鑑別書等が付属している真珠製品=最高品質】を意味するような販売手法も一部に見られております。
 当組合が把握する限り、花珠真珠等の最高品質を示す鑑別書付き商品であっても個々の品質の差が大きく、「花珠真珠」の呼称を使用した鑑別書がついた真珠製品全てが最高の品質であるとは限りません。
 当組合が認定する特選真珠では、真の最高品質の真珠を選び抜くことに特化し、「最高品質の真珠」=「特選真珠」の位置づけを明確に致しております。
尚、特撰真珠には全ての特撰真珠製品に現品のお写真が掲載された特選真珠認定証を発行致しております。

特選真珠認定証

 2008年5月より、最高品質に位置づけられる真珠を消費者の方に明確にお伝えできるよう、特選真珠認定事業を開始致しました。
 一般の消費者の皆様にとって、真珠の品質を見極める事は非常に難しく、また近年真珠市場に見られる花珠真珠等の呼称により、消費者の皆様にとって最高品質の真珠かどうかを見極める事がより難しくなっております。
 そのため、当組合では、日本を代表する真珠のプロ集団によって選び抜いて、真珠の中でも最高品質の範疇にある真珠に「特選真珠」の称号を与え、消費者の方に最上級の真珠の証として認定証を発行するなど、最上級品質の素晴らしさを日本を代表する当組合より明確にご提示することを目的に特選真珠認定事業を開始しました。

 平成20年度から平成25年度にかけ、農林水産省公表の漁業・養殖業統計年報から推測される、アコヤ真珠ネックレス(生産を8mm基準とした場合)の平均生産本数は550,000本となります。
そのため、【アコヤ真珠ネックレスの平均生産本数550,000本】と【平均特選真珠認定数184本】との比率では、およそ0.03%の確率で毎年生産されている事となり、数値上においても特選真珠の希少性をご理解頂くことができます。

特選真珠の検査方法は全て目視において検査をしております。当組合に属する組合員は真珠業界を代表する真珠のプロ集団であります。真珠は元来より、全ての生産工程を人の手と目視において母貝の健康状態・真珠の成長状態を判断し生産されてきました。特選真珠の検査は、この生産工程において熟知し携わっている複数の当組合理事によって、各年の最高品質となる真珠を目視によって選び抜いております。真珠業界を代表する絶対的な目を持つ組合員によって選び抜かれた品は「最上級品」を示し、消費者の皆様に最もご信頼・ご安心して頂ける要素の一つでもあります。

対象となる真珠 アコヤ真珠、クロチョウ真珠、シロチョウ真珠
検査方法 目視検査
検査員 理事の中より検査実施日に選出された4名
特選真珠の認定には4名の満上一致が条件
検査場所 組合が公式に開催する特選真珠検査会場
認定証について 特選真珠認定証には、特選真珠と認める文言のほか、真珠の種類、品目、サイズ(mm)、長さ(inch)、目方(momme)を記載、また特選真珠に交付したタグ及びカードの一連番号と連動した認定証番号を付与する形で発行致しております。特選真珠に交付された番号は全て当組合が管理し、各事業者様の依頼を受け認定証の発行を致しております。認定証は二つ折りのA4サイズを採用し、特選真珠のロゴ、当組合名を記載し、特選真珠に見合う高級感のある表紙カバーなど、他には無い洗練された認定証にて御提供致します。